×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


  Career Development  Career Design Progrum  
Career Design
キャリア開発   
キャリアデザイン


キャリアカウンセリング・練習問題    Career Counseling  養成問題 

《 集団を対象としたキャリアプランニングプログラム開発
のプロセス10ステップ


ステップ1 対象集団およびその〔     〕            特性の明確化

ステップ2 対象集団の〔       〕              ニーズの特定

ステップ3 〔     〕に応えるための〔        〕  ニーズ 測定可能な目標設定

ステップ4 キャリアプランニングプログラムの〔         〕           実施方法の決定

ステップ5 キャリアプランニングの〔         〕                内容決定

ステップ6 キャリアプランニングプログラムの〔        〕            費用決定

ステップ7 キャリアプランニングプログラム(       )              告知の開始

ステップ8 本格的なプログラムの〔        〕                  告知、実施


ステップ9 キャリアプランニングの〔      〕                   評価 

ステップ10 〔            〕                        プログラムの修正



キャリア開発 」へ






Q S対象集団の詳しい情報収集を2つ     
                      
1既にある記録を調べる 2アンケートを作成(全員か無作為サンプル)

Q S2キャリアプランニングプログラム ニーズの特定方法を4つ上げなさい

@既発表、公開情報の利用 
Aアンケート方式による調査(全員かフォーカスグループ) 
B専門家によるアドバイス
C管理者に対するヒアリング(解決すべき問題提示)

@  行政や任意団体が行なったアンケート調査などの情報を使います。
A アンケートを作成し、対象者全員またはいくつかの小さい
(       )をつくりに回答してもらう。
                             フォーカスグループ
Bコンサルタントに
CDAの対象集団のニーズに関してのアドバイスをもらう

C現場を把握している管理者に解決すべき問題を提示してもらい、それに対処できるようなサービスを考察する。

Q フォーカスグループは集団全体を代表するような構成でなければならない理由は。

         グループ内で各自の回答について話し合ってもらうことでより具体的で詳細な情報が得られることです。



キャリア開発 」へ

Q STEP3 目標を明確にする理由を2つ       

1目標を書くという規律を守ることで
CDAが達成すべき内容がわかる。

2目標そのものが
CPP評価の基準になる(決裁者への説明)

Q STEP4 CPP(キャリアプランニングプログラム)の実施方法の決定でCDAが目指すものは   

   多くのプログラムを多数の人に最も効率のよい方法で提供する

   8人から15人程度を対象とする(       )を設ける                  ワークショップ

Qステップ7 CPPの告知の開始 において重要なものは          環境作り

Q11CPP告知の開始における環境作りの4つの方法は? 

A11委員会作り、CPP導入を決定する決裁者への説明、パイロットテストの実施、問題解決作としての活用

Qステップ8 大学での本格的な告知の方法は  大学新聞、掲示板広告、教員・職員に学生の参加を勧める、学生の友達

Qステップ9 CPPの評価を行う理由を3つ挙げなさい 

1ステップ3の目標に対してのプログラムの有効かどうかを知る 

2新たなニーズや違ったアプローチ法、改善法がある場合はプログラムを改善する  

3プログラムの成果について管理者に報告する(定量的、定性的に

Q プログラムの定量的成果とは    プログラムの受講者数、目標達成率など

Q プログラムの定性的成果とは    対象者のプログラムに対する意見、効果性

Q プログラムの定性的成果について管理者に報告する方法を挙げなさい

修了時アンケートや事前事後アンケートを実施し、目標に関しての回答が得られる内容とする。 

Q口コミによる宣伝効果のあるものは           パイロットテスト




キャリア開発 」へ